LIFE

キーボード派?手書き派?結論:手書きが最強です

Pocket

こんばんは、YU-KIです。

ノートを取るときや考えをまとめるとき手書きで書くかキーボードで入力するか迷うことがありますよね。

結論から言うと目標や自分の考えをまとめるときは手書きが最強です。

ただし、単純な入力作業等は効率を考えるとキーボードのほうが良いと思います。

手書きが何故最強なのか

第一に脳に与える刺激が全く違うからです。

キーボードで入力するときの指の動作は8種類

に対して、手書きをするときの指の動作は1万種類もあります。

脳に与える刺激が圧倒的に違うということになります。

手書きが最強と結論づけた実験

1.目標達成率についての実験(アメリカの大学)

キーボードで入力したときより手書きで書いた方が42%も達成率が上がることが判明。

2.1979年:アメリカのハーバード大学の実験

ある教授が学生たちに、自分の目標を持っているか質問しました。

結果は以下の通りでした。
・84%の学生は、目標を持っていない。
・13%の学生は、目標を持っているが紙には書いていない。
・3%の学生は、目標を持っていて紙に書いている。

この質問をしたときから10年後、の卒業生たちに再びアポイントをとり調査しました。

元学生全員の年収を調べると、目標を持っていた13%の元学生の平均年収は、

目標を持っていなかった84%の元学生の約2倍となっていました。

また、目標を紙に書いていた3%の元学生の平均年収は、残り97%の人たちの10倍になっていました。

まとめ

手書きは最強。

目標を立て、紙に書いて壁に貼る。

見えるところにはり、毎日目にする。

これであなたの人生もハッピーに。

関連記事

インプットとアウトプット効率が良い学習法

読書の効果を最大限にする方法

日々の積み上げで目的地までひたすら進む

 

-LIFE

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.