FX

ミラートレーダーを1年間運用してみた

Pocket

フランケン
シストレってドウナノ、ホットケバイインデショ
実際セントラル短資さん提供のミラートレーダーを

1年間やってみたのでその結果を発表してあげる

脳汁
フランケン
タノシミー

こんな方におすすめ

  • シストレをしてみたい
  • ミラートレーダーに興味がある

ミラートレーダーを1年間運用してみた

結論から言います。

年間収支はプラスでした。

もう全額出金してやりません(笑)。

オススメはしないです。

ミラートレーダー運用報告

ミラートレーダーはFXの自動売買です。

やり方は、入金してシステムを選んで放置です。(適当)

一年間で32,689円です。

20万円入金していたので年利16%です。

正直、とても良いですよね。

運用途中のレポートは下記↓を見てね。

ミラートレーダー運用8ヵ月目[シストレ]

ミラートレーダーを1年で停止した理由

元々、検証目的で1年間放置するという条件で開始したミラートレーダーです。

結果は原資から16%増加したので成功だといえるでしょう。

検証なら、デモでも良いのではという意見が聞こえてきそうですが、

証券会社によっては手数料が反映されていなかったり若干、有利に働くことが多いため

また、資産運用では欠かせない心理的負担が分からなくなってしまうのでリアル口座で運用しました。

それではミラートレーダーを停止した理由について述べていきます。

スプレッドが高い

ドル円の場合0.3銭が日本の証券会社の標準ですが、2.5銭と8倍も大きい。

これは、無料でシステムを利用できているのでその分の手数料だと思えば妥当、、、?かもしれません。

ここで注意して欲しいのは、スキャルピング(短期売買)系のシステムではいくらバックテストの結果が良くても

実際はスプレッドによる手数料負けしてしまうことが多いという事です。

なのでスイング(長期売買)系のシステムを選ぶことが得策です。

僕は、スイング系損小利大ストラテジーQuickShiftのみで運用していました。

損切りされたときイライラする

自分でトレードしていない分、マイナスになるととてもイライラします(笑)。

自分の責任なんですが、自分でトレードした訳でもないのに損切りされるのは

個人的きついです。

なので大きな証拠金を用意するのが難しいです。

投資対象が増えてきている

世界経済は暴落周期に入っています、これから株安が進行し現金の価値が上がっていくでしょう。

なので、株など割安の投資対象が増えていくとみています。

つまり現金が欲しいのです。

ミラートレーダーを開始した時は、全体的に割高感があったので正直、現金余りの状態でした。

株を買いたいなら暴落時だ

まとめ

ミラートレーダーはオススメしませんが、投資対象としては悪くありませんでした。

現金の投資対象がなくなればまた始めてみようかと思いますが、

しばらくはやらないでしょう。

大きな金額を入金するのはリスクが大きすぎますし

かと言って少額ならレバレッジをかけた裁量トレードの方が効率が良いですし。

少額から資金を増やす方法

おすすめ書籍

これだけは読んで欲しい株の名著

ここで紹介する書籍は、何度も読み返したいと思った本です。

なんと、、12版、、常にアップデートされている伝説的な書籍です。

是非読んでみてください。

これだけは読んで欲しいFXの名著

ここで紹介する2冊は、FX本を50冊異常読み漁った結果何度も読み返したいと思った本です。

手法云々の話ではなくてトレードの考え方、メンタル、資金管理について書かれています。

手法は腐りますが思考法は腐りません。

是非読んでみてください。

-FX

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.