バフェット銘柄

バフェット銘柄商社株分析比較、過度な期待は禁物

2020/11/11    ,

投資の神様が購入したからと言って過度な期待は禁物です。 第一にバフェット株と言っても バークシャー・ハサウェイで第一線で運用しているのはバフェットではないです。

[商社株]住友商事(8053)の適正株価

20年8月21日、同社は自動車の設計・開発領域におけるエンジニアリング事業を手掛けるSCオートモーティブエンジニアリング(SCAE)を設立し、自動車エンジニアリング事業に参入したと発表した。

[商社株]三井物産(8031)の適正株価

20年7月2日、自動車販売金融サービスなどをグローバルに展開するトヨタファイナンシャルサービス(以下、TFS)と、 ブラジルで幅広くモビリティサービス事業を展開するためKINTOブラジル社を設立した。

[商社株]三菱商事(8058)の適正株価

20年8月11日、三菱商事が日本郵船<9101>との米国合弁事業会社JLI社を通じて参画している米国キャメロンLNG(液化天然ガス)プロジェクトが、 LNG生産設備の第3系列における商業生産を開始したと発表した。

[商社株]丸紅(8002)の適正株価

割安銘柄です。ただし、海外での幅広い商業活動を行っているため 世界経済の影響が受けやすいです。 コロナが収束に向かう事で大幅な業績改善が期待できます。 下がったら積極的に買いまししていきたい銘柄です。

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.