LIFE

運動こそ最大の時短

Pocket

こんばんは、YUKIです。

1日の時間短いですよね。1日は24時間、1440分です。

時間効率を上げるためにいろいろな工夫をされていると思います。

中には睡眠時間を削る人もいますよね。僕もそうでした。

いろいろな時短方法はありますが、今日は運動という観点から考えていきます。

運動こそ最大の時短

そもそも運動する時間がないって?

確かに実時間は運動することによって減りますが、運動の効果で作業効率が上がります

脳科学の観点からも証明されています。

有酸素運動 OR 無酸素運動

両方行った方が良いですが、集中力、記憶力のパフォーマンスを上げるには有酸素運動のほうが良いとされています。

30分程度の有酸素運動によって学習機能、記憶力、モチベーションがアップします。

また継続的な運動習慣によって脳のシナプスのネットワークが増え頭が良くなるのです。

村上春樹さんも毎日ジョギングをしているらしいですね。

お金持ちには運動習慣がある方が多いのもうなずけます。

実際、僕も頭が良くなったかと言われたら疑問ですが、確実び集中力とモチベーションアップの効果はありました。

運動が脳にいい科学的な根拠

樺沢紫苑(著)「神・時間術: 脳のパフォーマンスを最大まで」から引用させていただきます。

1.海馬の神経を増やし、長期記憶を強化する。

2.脳を育てる。

3.運動直後から学習機能がアップする。

4.頭が良くなる。

5.作業記憶がよくなる。

6.ぐっすり眠れる。

7.やる気が高まる。

1.海馬の神経を増やし、長期記憶を強化する。

BDNFが分泌され神経細胞の増殖を促進する。

BDNFは脳由来神経栄養因子と呼ばれるタンパク質の一種で、神経細胞の発生や成長、維持や再生を促してくれます。脳内で記憶を司る「海馬」に多く含まれていて、そこで神経細胞の動きを活発化させることが期待されています。そのことから、“脳の栄養”と呼ばれることもあります。

BDNFは年齢とともに減少していきます。

BDNFに関する有名な実験があります。

ノックアウトマウスの脳内でBDNFの発現を約半分に減らした実験で、これにより学習能力が低下することが示されました。

引用:Linnarsson S, Björklund A, Ernfors P (1997): Learning deficit in BDNF mutant mice. Eur J Neurosci, 9:2581-2587.

つまり、BDNF=学習能力ということです。

2.脳を育てる。

伝達の役割をになうシナプスのネットワークが増えます。脳の容量が増えるとイメージするとわかりやすいかと思います。

3.運動直後から学習機能がアップする。

運動することで思考がクリアになり、認識の柔軟性、学習機能がアップします。

4.頭が良くなる。

長期記憶、推論、注意力、問題解決力、流動性知能が高くなる。

5.作業記憶がよくなる。

ワーキングメモリーのテスト結果が50%以上改善。

6.ぐっすり眠れる。

週に150分の運動で睡眠の質は65%アップ、眠気レベル65%ダウン、集中力45%改善。

7.やる気が高まる。

ドーパミンの分泌→記憶増強効果、学習強化効果、モチベーションアップ。

 

僕は学生時代テスト前勉強が行き詰まったらよく走っていました。

今でもムシャクシャしたら走ってます。

それでは運動習慣を手に入れて人生を駆け抜けてください。

関連書籍

関連記事

幸せになるための3つの資本

 

タイムマネジメントのメリット

 

-LIFE

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.