FX

FXを難しくしているのは自分自信(秘訣はシンプル)

Pocket

こんばんは、YU-KIです。

FXの世界は奥が深くすべて知ろうとすると果てしなく長い道のりになります。

完璧に理解している人なんていないのでしょうか。

あるトレーダーは最終的には宇宙の神秘に近づくと言っていました。

FXで勝つには完璧に理解する必要はありません。

FXを難しくしているのは自分自信

FXトレーダーでよくあるのが勉強し始めよりも勉強し始めた頃の方が全く勝てなくなるという現象です。

これも、勉強する事によってトレードを複雑化させてしまっているのが原因です。

初心者の頃はこの値幅行ったりきたりしているから、「安くなったら買って」「高くなったら売ろう」これぐらいシンプルだったはずです。

誰もが陥る罠

FXを始め、経験を積んでいき、あらゆる成功者のトレーダーを研究していくとどんどん取り入れたくなりますよね。武器は多いほどいいと。

ただ武器を持ちすぎると重くて動けなくなったり、使いたい時にすぐ取り出せなくなってしまいます。

勉強=勝てるではありません

勉強することによって、ありとあらゆるテクニカル分析を勉強してトレードが複雑化されていきます。

移動平均、MACD、RSI、ボリンジャーバンド・・・・

どんどん導入していきます。

すべてのシグナルが同時に出ることなんてありません。

逆バリのインジケータと順バリのインジケータは真逆ですよね。

勝ったり負けたり、どのシグナルを信じれば良いのかわからなくなって疑心暗鬼になってしまうのです。

シグナルを信じれば信じるほど負けを認められない状態になってしまうのです。

シンプルが難しい

一生懸命覚えたテクニカル分析を捨てるのは苦痛かもしれません。

せっかく覚えたのに使わないなんて、、、、

確かにもったいないかもしれません。

しかし断捨離は必要です。

本当に必要なものは断舎離することによって見えてきます。

モノもそうですが有りすぎると良いものが分散化されて濁ってしまいます。

2つもしくは3つ程度に絞ってトレードするのをオススメします。

関連記事

損切りした後の注意点

損小利大は嘘!?なぜ勝てないのか

-FX

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.