LIFE

令和はより個人の時代へ

Pocket

こんにちは、YU-KIです。

令和一発の記事です。

連続更新31日目です。まだまだですが継続していきたいと思います。

 

行動力のある人はどんどん個人で稼ぎ始めています。

社畜には優秀な人はいなくなり、企業が個人に依頼(委託)する時代が来るでしょう。

 

年齢なんて関係ないし、個人が企業に勝る時代

もうすでにですが個人で稼ぐ時代がやってきています。

個人で企業並みの収益を得ることができる時代ですし

小学生や中学生が一般のサラリーマンより稼いでいるというのも事実です。

実際に7歳で年収25億円を達成した子もいます。

Ryan ToysReview

ここまでいかなくてもサラリーマンの年収くらい

稼いでいる学生たちはたくさんいるでしょう。

ここで

「若いうちからお金持ったらろくな人間にならない」

「楽して稼いでいないでまっとうな仕事をしろ」

という人たちがまだたくさんますよね。

まっとうな仕事って何ですかね?あなたのはそんなに立派な仕事をしているのですかね?

否定ばかりしていてはあっという間に時代に取り残されてしまいますよ。

僕もまだHIKAKINさんがYouTubeやり始めの頃、皆と一緒に鼻で笑っている時代も

正直ありました。今では日本を代表するTopYouTuberです。

あの頃の自分を恥じています。

継続と行動力は力ですね。

逆に否定的で行動しない人たちが多いおかげで行動した人たちが得ができるのですがね。

 

個人で稼ぐには信用が大事

では個人で稼ぐために必要なスキルはなにか?

それは信用です。

個人で生きていくためには自分の信用度が高いことが条件になります。

企業勤めであれば企業名がブランドであり会社が信用されていればよかったですが、

個人はそうはいきません。

無名のよくわからない奴の話は信用できないし、頭に入っていきませんよね。

尊敬する人や好きな人の話は興味が持てますし、そんな人がオススメしている商品は使ってみたいですし、

その人が手掛けたのであれば興味がわくはずです。

また、お金がないから行動できないという人は

現代はクラウドファンディングで信用があればお金を集められる時代ですから

お金がないは理由にならないですね。

言うとしたら信用がないから。

お金がないより信用がないの方が重たい言葉ですね。

信用を増やす方法

難易度の低い順位並べてみました

①信用されている人の知名度を借りる

②継続性

③実績

では①から解説していきます。

①信用されている人の知名度を借りる

一番簡単な方法ですが、自分の考えプラス+有名人の考えも付け加えたり、

論文を引用したりすることで信用を借りることができます。

例えば投資なら

あのウォーレン・バフェットが使っている分析方法

って書かれると信用しちゃいますよね。

 

②継続性

年数と実力は必ずしもイコールではありませんが

プログラム歴10年

FX歴10年

ブログ毎日更新1000日目

とか書かれているとその人に対する信用性が上がりますよね。

続けることは難しいですが、だれでもできることなので

継続は力なり、また継続は信用なりと思って頑張るしかないですね。

 

③実績

1番難しいですが結局のところはこれです。

なにを成し遂げたのかが一番大事でして、

あたりまえですが

稼げてない奴が稼ぎ方のセミナーやってもだれも来ないですよね。

プログラマーであればコツコツ小さい案件をこなして実績をつくっていくかないですね。

 

結局のところ

コツコツと継続して努力できる人であり常に行動している人が信用を得ていくでしょう。

嘘で塗り固めた実績なんて最初は早いかもしれませんが信用は伸びません。

また、信用は得るのに時間がかかりますが失うのは一瞬です。

誠実にリターンを求めずギブしていく、そしたらいつの間にか道が開けるのではないでしょうか?

少なくとも僕はそう信じて情報発信をしていくことを決めました。

では、令和という時代も駆け抜けてくださいね!!!

-LIFE

Copyright© 脳汁という名の幸福投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.